自分アップデート!動画編集を独学で学ぶ方 これから副業で稼ぎたい方に必見です。 Adobe Premiere Pro After Effects CapCut 動画編集テクニックをまとめたサイトです。 一眼レフの撮影テクニック ドローン空撮テクニックまとめ

テキストアニメーション

【Ae】波打つ液体アニメーション | 「フラスコに注がれる液体」作成法

<目次>
00:00 本動画の内容
00:59 フラスコを作成
09:34 波打つ液体を作成
17:39 液体落下の動きと泡作成

<本動画の内容> 
①フラスコを作成
シェイプレイヤーに関する以下の基本機能を使って、フラスコを作成します。
・パスを結合
・パスのトリミング
・パスのオフセット
・破線

注1 Ctrlキーを押しながらコンポジションパネル上をドラッグすることで、最初にクリックした点を中心にシェイプを描けます。
注2 正円や正方形を描きたい時は、Shiftキーを押しながらコンポジションパネル上をドラッグします。

※シェイプレイヤーの基本機能を使った参考動画
パスのトリミングとループアウトで作る「ローディングスピナー」
➡https://youtu.be/IE8ZXLJnF2E

②波打つ液体を作成
平面に波形ワープエフェクトを適用して波打つ液体の元となる形状を作成します。

平面に波形ワープを2回適用し、「波形の速度」をプラスマイナス逆、他のプロパティ値は同じに設定するとその場で振動する波(定常波)が描かれます。

※波形ワープを使った波の作成法
iPadスクリーンセーバー風の「波」作成法
➡https://youtu.be/YHaUcMwuQow

液体をフラスコ内部のみで表示するため、トラックマットの「アルファマット」を使用します。

※アルファマットの使い方
➡https://youtu.be/u17kucr_hNw

③液体落下の動きと泡を作成
ラインシェイプをパスのトリミング機能で上から下に伸ばして、落下する液体を作成します。

線の「波」プロパティを設定して、線も波打つようにします。

また、液体部分では線を表示させないようにするため、トラックマットの「アルファ反転マット」を使用します。

※アルファ反転マットの使い方
➡https://youtu.be/LDJmTRxrWtg

液体内部に泡を追加するため、CC Bubblesエフェクトを使用します。

※泡を追加する別の方法(CC Particle Worldを使う方法)
水面から光が射し込む水中シーンの作成法(18分40秒~)
➡https://youtu.be/XuHusGWR3Tw?t=1119

<シェイプを変化させる方法一覧>
※シェイプを炎に変化させる方法-パート1-
➡https://youtu.be/g27uqRfpYq4

※シェイプを炎に変化させる方法-パート2-
➡https://youtu.be/yE0ta83kCr8

※シェイプを雲に変化させる方法(+雷)
➡https://youtu.be/Tt48vQGp9iw

※シェイプを電流に変化させる方法 + 画面を揺らして衝撃を表現する方法
➡https://youtu.be/BRPpaCCrbm8

※シェイプ水あめ状に変化させる方法
➡ https://youtu.be/83ly3s5JL74

-テキストアニメーション

© 2022 REVIVE-リヴァイブ