Adobe AfterEffectsやPremiereProの動画編集やエフェクト作成まとめ

チュートリアル

挫折させないシェイプレイヤー入門#07 -トランスフォームについて理解を深めよう-【AfterEffects/チュートリアル】

今回はシェイプレイヤーの中にあるトランスフォームについてです。
なぜ1つのレイヤーの中に3つも「位置プロパティ」があるのか?
その理由と、それぞれの使い方や特徴について詳しく紹介します。

各トランスフォームを使い分けることで、アニメーション制作が楽になります。

この動画で学べることは↓↓
・シェイプレイヤーのトランスフォームの特徴について
・特徴を活かしたアニメーション作成方法

▶目次
00:42​ シェイプレイヤーの中を確認
01:10​​ シェイプレイヤーの「位置」の特徴まとめ
01:30​​ ひとつめの「位置プロパティ」について
02:47​​ アンカーポイントを利用したアニメーション作成方法
06:14​​ ふたつめの「位置プロパティ」について
09:50​​ みっつめの「位置プロパティ」について
11:13​​ エンディング

次回からテキストレイヤーについて2回に分けて紹介します。
テキストレイヤーの作り方~文字パネルの各項目について詳しく解説します。
第2回では、テキストアニメーターを使ったテキストアニメーションにも挑戦します。
お楽しみに~。

-チュートリアル

© 2021 REVIVE-リヴァイブ